サイト設計とCMS構築

設計・検証フェーズを大切にしています。

「設計」「実装」「運営」「検証」、ウェブサイト(ホームページ)で効果をあげるにはは、このようなPDCAに似たサイクルを回していくことが重要です。キゴウラボでは、この中でも特に設計フェーズを大切にしています。設計段階でピントがずれると、その後の工程を進めても、伝えたいことが伝わらないウェブサイトができてしまうからです。

そのためには、プロジェクトのスタートは時に、しっかりとWebコンサルティングを行う、検証フェーズから始め現状把握を行います。

御社の強みが見えてくる。

ウェブ解析士Webコンサルティングでは、ウェブ解析士の資格を持つスタッフが、アクセス解析はもちろんのこと、現状の不満点や、問題点、希望をお伺いすると同時に、御社の強みや弱み、競合の動向などもお伺いして、これから作成するウェブサイトの「立ち位置」を考えていきます。ただ、一方的に弊社がヒアリングするのではなく、御社とチームをつくり協同で作り上げていくものです。この過程で、今まで気づかなかった御社の強みや、他社との差別点などが見えてきます。これらをウェブサイトのコアコンテンツとして扱ってあげれば、強みの伝わるウェブサイトが出来上がります。

CMSに関するお悩み、ご相談からお受けしています。

更新しやすいCMSサイトを設計

「更新コストを抑えたい」「情報を早く掲載したい」というご相談が年々増えています。キゴウラボではMovable Type/PowerCMSなどのCMSをご提案し、CMSの特性を最大限に発揮できるウェブサイトを実現しています。

キゴウラボとCMSの出会いは、専門書出版社向けにCMSを独自開発した18年以上前にさかのぼります。このCMSには編集者とライターという役割分担があり、ライターは投稿のみ、公開には編集者の承認が必要といったワークフロー機能を設けました。これ以降、大手出版社をはじめ、独自CMSを活かしたサイトを複数構築・運営をなど、多くの経験をしました。

2004年にはMovable Typeを用いた構築を始め、その後、PowerCMSを用いて市民病院のサイトや、機械メーカーの多言語サイトを構築。現在、大規模なWebサイトでのCMSの実装は、信頼できるパートナーとチームで構築しています。弊社はCMSのディレクションおよび外部設計を専門的に担当することで、お客様が希望するWebサイトが適切な形で構築できるよう務めています。

シックス・アパート、アルファサード社のビジネスパートナーです。

プロネットバナー

Movable Typeを開発・販売しているシックス・アパート社のビジネスパートナー「ProNet」に登録しています。またMovable TypeのCMSプラグイン「Power CMS」を開発・販売しているアルファサードの「Power CMS Partner」にも登録しており、両製品の特性を活かしたソリューションをご提供しています。

コンテンツの制作もお任せください。

CMSを導入したものの、肝心のコンテンツの力が弱くては効果が出ません。また自分達では普通と思っていた事は、他人から見ると魅力的なコンテンツであることもよくあります。しかし、いざ文章を書こうとすると、自分の事を書こうとするとなかなか書き出せないもの。そんなときは私たちが、企画、取材、インタビュー、撮影を組み合わせて、第3者の視点でお客様のコンテンツを発掘し制作します。

※コンテンツのリライト、制作の詳細は「ソーシャル時代のライティング」ページをご覧ください。

提供している主なソリューション

  • 現状把握コンサルティング
  • サイト設計(サイトストラクチャー)
  • ワイヤフレーム
  • ビジュアルデザイン
  • コンテンツ企画・制作
  • HTML/CSSコーディング
  • サーバー構築
  • CMS設計・構築
  • CMSテンプレート開発
  • 運用支援
  • 保守・サポート
最終更新日:2018年10月25日
topicpath_home