サービス

UXデザイン診断

専門家テスト(サクッと、ガッツリ)

ユーザビリティの専門家が、御社のウェブサイトにアクセスして、問題点を調査、診断します。テスト会場や機材の用意、テスターのリクルートが不要なので、気楽に始められる反面、テスト担当者の主観がはいってしまい、実際のユーザーが感じている問題点とずれた結果がでることもあります。

サックリUXデザイン診断が簡易版、ガッツリUXデザイン診断が完全版のサービスになります。納品する成果物は、改修点を指摘した診断レポートと、チェックリストを整理したものです。

ユーザーテスト(じっくり)

実際のユーザーをつかって、ある特定のページに行ってもらう、ある商品を購入してもらうなどのタスクをこなして頂き、どこでつまづくかをモニタリングするテストです。専門家テストにくらべて、客観的で、ユーザー像に近いテストが可能です。テスト中は、ユーザーに操作や疑問点などを発話して頂き、記録することで、ユーザーの心の声を知ることができます。

ユーザーの離脱率、直帰率が高くなってきたと思うのであれば、ユーザーテストを実施してみるのがお勧めです。じっくりUXデザイン診断がユーザーテストに当たります。成果物は、動画、発話記録、テストの分析レポートになります。

情報整理と情報設計(IA)

情報設計は、専門用語では、インフォメーションアーキテクチャー(IA)といい、ホームページに掲載する情報を整理したり、画面内の情報の配置を設計したりすることを言います。UXデザイン診断の結果を受け、サイトマップというツリー状のマップを作成したり、コンテンツインベトリーというエクセルで作成された全ページ一覧を作成して情報整理します。

一方、画面内の情報設計は、ワイヤフレームと呼ばれる線画で、コンテンツの各要素を配置して、画面要素を情報整理してゆきます。制作中のサイトのUXデザイン診断は、このワイヤフレームを使って行います。

新たなサイトをつくるために、コンテンツ計画を立てないといけない場合や、既存サイトで五月雨に更新して、ユーザーが離脱しているようであれば、情報設計で情報整理することをおすすめします。成果物はサイトマップ、全ページ一覧、ワイヤフレームなどになります。

UIデザイン

年賀状ソフト「筆ぐるめ」のインターフェースデザインを20年ばかし経験し、その間に、様々なB2B、B2CアプリケーションのUI/UXデザインを経験してきました。特に業務アプリケーションのデザインには定評があり、情報ダッシュボードのデザインや詳細画面のデザインは得意です。

情報システム部署の内部だけでデザインされている業務アプリケーションの1割だけでも、UI/UXデザイナーが参加することで、ユーザビリティは向上し、大幅な業務の効率が見込めます。要件定義段階から積極的にデザイナーを参加させ、リーンUXの発想で、高速にプロトタイプをつくりテストを繰り返すことで、優れたインターフェースを作り上げる事が出来ます。

業務システムのUIデザインの経験があるUIデザイナーは数少ないと思います。弊社でも対応可能ですので、是非ご相談下さい。
成果物は、UIデザイン設計書、プログラムに組み込むUIビットマップ等です。

UXデザイナー出張研修

いままで、紙のデザインを中心に制作をされていた、グラフィックデザイナーや、DTPデザイナーのかたに、ウェブデザインや、UXデザインの基礎を、御社にお伺いしてセミナーを開催します。

Web特有のデザインの考え方や、ワークフロー。UXデザインという考え方について、ご説明します。ご相談によっては、簡単なワークショップを開催することが可能です。詳しくはご相談ください。

UXコンサルティング

AB3Cを使って経営戦略を分析し、差別的優位点が明確になることで、他社との差別点がハッキリします。それをホームページで訴求できているかUXデザイン診断によって徹底的に診断します。その上で、情報整理と使い勝手の改善を行うことで、ユーザー体験が向上するホームページを作る事が出来るのです。UXコンサルティングでは、お客様の戦略策定のお手伝いと、ホームページへの落とし込みをいたします。

戦略とは、目的を達成するためのシナリオです。そのシナリオがホームページで明確に機能している必要があります。
お客様(Customer)/ 自社(Company)/ 競合(Competitor)の3Cの三角形と、
ベネフィット(Benefit)と差別的優位点(Advantage)を分析することによって、自社の戦略が見えてきます。

お問い合わせ

この度は、キゴウラボにご興味をお持ちいただき、誠にありがとうございます。
ご依頼・お見積り、ご質問など、お気軽にお問合わせください。
担当者より弊社営業日の2、3日以内に折り返しご連絡させていただきます。
お急ぎの際は、お手数ですがお電話にてお問い合わせください。