ホームページを健康診断
お客様増えて、ワクワク

ウイズコロナの今、巣ごもり消費には、
オンラインショップやホームページが効果的。
でも御社のホームページが、わかりずらく、
せっかく訪問してくれたお客様が
離脱してたら…
そんな時は、
ホームページ診断「UXデザイン診断」を。
経験豊富な専門家がおこないます。
その上でリニューアルをすれば、
御社の強みを生かしたホームページでお客様をトリコにできます。

伝わるホームページへの第一歩

ホームページで集客出来ない理由は、様々な物が考えられます。お店に来て欲しいのに、地図のページが見つけられない。ホームページの文章が、お客様の疑問に答える形になってない、SEO対策(検索エンジン対策)が不十分、文字の大きさが小さく、グレーで読みづらい。などなど。制作してもらった知人や制作会社がちゃんと作ってくれたか、セカンドオピニオンに診断してもらい、ホームページの現状を把握して、ワクワクする売上があがるホームページへ改善しましょう。

じっくり
「UXデザイン診断」

ユーザーテストとして、実際のユーザーに決められたタスクをこなして頂き、それを観察して、分析・診断します。リモートプランも用意しています。

16万円(税抜)〜

ガッツリ
「UXデザイン診断」

独自のチェックリストを作成し診断します。スマホアプリや、業務システム、設計段階のデザイン(UI要件書)も診断可能です。

8万円(税抜)〜

サクッと
「UXデザイン診断」

ホームページにお客さんの反応がない。そんなときユーザ体験(UX)デザインの専門家が、ホームページをサクッと診断します。

3万円(税抜)〜

代表、小山智久のプロフィール

デザインその前に

ホームページのリニューアルや新規作成において、デザインは重要な要素であるのは確かです。しかし、デザインで何を伝えたいのか、その戦略が決まっていないと、デザインは機能しなくなります。デザインの前に、UXデザイン診断やAB3Cコンサルティングをおこなうことで、他社にここだけは負けないという、差別的優位点を発掘し、それをデザインとコピーで伝えていく必要があります。「デザインその前に」まずは戦略を考えたい場合は、是非お声掛け下さい。

強みを発信するホームページ

星の数ほどある、ホームページ制作会社。私たちは何が違うのでしょう。UXデザイン診断、AB3Cコンサルティングを経て、お客様の強みを再確認し、伝わるコピーやデザインで、ホームページを作っていく。その愚直までの過程が、私たちの強みでもあります。ちょっとヒアリングして、すぐにデザインをもってくる制作会社とは大きく違います。完成するまでに時間はかかりますが、結果につながるホームページをご提供できます。完成してからも、長くお付き合いしてサポートしてゆきます。安心しておまかせ下さい。

キゴウラボのブログ

お知らせ