プロジェクトの進め方

Webサイトの場合

それぞれの作業は案件によって変わることもありますが、ご参考までに基本的な流れをご紹介します。

1.調査・企画

  • ヒアリング
  • 要件定義
  • 市場調査/競合分析
  • アクセス解析
  • コンテンツ企画
  • スケジュール作成

Webサイト制作の目的をお客様からお伺いし、競合他社サイトやリニューアルの場合は既存サイトのアクセス解析などを行っていきます。その結果をもとにコンテンツ(サイトに掲載する内容)や必要な工数・費用などを算出していきます。

2.設計

  • ペルソナ設計
  • サイト設計(サイトストラクチャー)
  • ワイヤーフレーム作成
  • コンテンツ編集
  • CMS設計
  • SEO

Webサイトの骨格を決める作業です。想定するユーザー像を設計し、行動シナリオが達成できるように、情報設計などを検討。サイト構成、コンテンツを考えていきます。またCMSを導入する場合は、構築だけでなく運用しやすいCMSを構築するための設計を行っていきます。

3.ビジュアルデザイン

  • ビジュアルデザイン
  • ロゴ制作
  • アクセシビリティ診断

サイトの色彩や文字の大きさといったトーン&マナーや、ユーザーの印象に残るメインビジュアルの作成などWebサイトのデザインを決めていきます。視覚障がい者や高齢者を対象としたサイトでは、この段階でアクセシビリティ診断を行う場合もあります。

4.構築

  • 取材・撮影
  • ライティング
  • 地図・図版・イラスト制作
  • HTML/CSSコーディング
  • CMSテンプレート開発
  • サーバー構築
  • 検証

サイト構成、デザインが決まったら、Webサイトの構築に入ります。各ページのHTMLファイルの制作やCMSを利用する場合は、使用するCMSソフトウェアのインストールなどの環境構築を行う場合があります。そのほか、バナーやイラストなどの素材制作や掲載する文章などの制作も行っていきます。
すべての構築が終わった段階で、お客様も交えて動作検証を行っていきます。

5.公開

おめでとうございます!

6.運用

  • 公開後検証
  • 運用サポート

公開後、1ヵ月をめどに公開後検証を行います。Webサイトは「公開してからがスタート」です。PDCAサイクルを繰り返すことによって、徐々に効果をあらわしていきます。公開後も問題なく運用されるよう、公開後の定期的なサポートなどもキゴウラボではお受けしております。

ユーザーインターフェースデザインの場合

キゴウラボでは、できるだけ早い段階からプロトタイプをつくるようにしています。ワイヤーフレームや、ペーパープロトタイピング、動作モック(スケルトン)といった手段を活用し、試作と検証を短いサイクルで繰り返し、ユーザーエクスペリエンス上の問題点をあらいだします。

このような方法で開発者と二人三脚で、デザインの方向性や実装上の問題点などがないか、詰めていきます。

スケジュールを作成するときに心がけていること

どのようなプロジェクトでも「タスク」と呼ばれる細かな作業の単位に分割して、進捗度合いを管理しています。主要な中間締め切り日(マイルストーン)を設定し、その度にお客様への成果物の提出や、進捗の報告、調整を行います。このようなサイクルをくり返していくことで、双方に納得のいく、品質のよい納品物がご提供できるよう心がけています

最終更新日:2016年9月13日
topicpath_home