サイト設計とCMS構築

設計フェーズを大切にしています。

設計、実装、運営、検証、サイト構築・運用にはこうしたPDCAサイクルを回していくことが重要です。キゴウラボのウェブサイト構築では、設計フェーズを特に大切にしています。設計段階でピントがずれると、その後の工程をすすめても、伝えたいことが伝わらないウェブサイトが出来てしまうからです。

情報アーキテクチャ(IA)の知見を生かして

お客様がウェブサイトに求めるもの、サイトに訪問するユーザーが求めるものを洗い出し、サイト構成の骨格を作っていきます。さらにナビゲーションや各要素のラベリング(名称)を検討し、主要画面のワイヤフレーム(必要要素を配置したページのひな形)を作成することで、目的とするサイトを設計していきます。最後にビジュアルデザインを作れば設計フェーズは完成です。

CMSに関するお悩み、ご相談からお受けしています。

更新しやすいCMSサイトを設計

「更新コストを抑えたい」「情報を早く掲載したい」という欲求は年々高くなっています。こうしたご要望にあわせCMSを導入したいというご相談が多くなってきました。キゴウラボではMovable Type/PowerCMSなどのCMSをご提案し、CMSの特性を最大限に発揮できるウェブサイトを実現しています。

キゴウラボとCMSの出会いは、大手出版社向けにCMSを独自開発した16年以上前にさかのぼります。このCMSには編集者とライターという役割分担があり、ライターは投稿のみ、公開には編集者の承認が必要といったワークフロー機能を設けました。このCMS開発から、それを活かしたサイトの構築、運営を経て、多くの知見を得ました。

2004年にはMovable Typeを用いた構築を始め、その後、PowerCMSを用いて市民病院のサイトや、機械メーカーの多言語サイトの構築にも採用。現在、大規模なWebサイトでのCMSの実装は、信頼できるパートナーとチームで構築しています。弊社はCMSのディレクションおよび外部設計を専門的に担当することで、お客様が希望するWebサイトが適切な形で構築できるよう務めています。

シックス・アパート、アルファサード社のビジネスパートナーです。

プロネットバナー

Movable Typeを開発・販売しているシックス・アパート社のビジネスパートナー「ProNet」に登録しています。またMovable TypeのCMSプラグイン「Power CMS」を開発・販売しているアルファサードの「Power CMS Partner」にも登録しており、両製品の特性を活かしたソリューションをご提供しています。

小規模サイト向けの構築サービス始めました。

ページ数が5ページ〜10ページ前後の、小さなお店や士業の方向けのサービスを始めました。KDDIがサービスを提供しているJimdoをCMSとして活用したサービスです。みたまま編集が可能なので、公開後、パソコンの操作が得意でないお客様でも更新していくことができます。詳しくは下記サイトをご覧ください。

Jimdo サポート サービス

コンテンツの制作もお任せください。

CMSを導入したものの、肝心のコンテンツの力が弱くては効果が出ません。また自分達は普通と思っていた事は、他人から見ると魅力的なコンテンツであることもよくあります。いざ文章を書こうとすると、他人の事は書けるのに、自分の事を書こうとするとなかなか書き出せないもの。そんなときは私たちが、企画、取材、インタビュー、撮影を組み合わせて、第3者の視点でお客様のコンテンツを発掘し制作します。コンテンツあってのCMSです。

※コンテンツのリライト、制作の詳細は「ソーシャル時代のライティング」ページをご覧ください。

提供している主なソリューション

  • サイト設計(サイトストラクチャー)
  • ワイヤフレーム
  • ビジュアルデザイン
  • コンテンツ企画・制作
  • HTML/CSSコーディング
  • サーバー構築
  • CMS設計・構築
  • CMSテンプレート開発
  • 運用支援
  • 保守・サポート
最終更新日:2016年9月23日
topicpath_home