ソーシャル時代のライティング

これまでは検索サイトの上位にアップされることを目的にSEO対策に特化したライティングが注目されていましたが、Facebookやtwitter、Google+などソーシャルメディアでの発信が増えてきたいま、さらに言葉が重要になってきました。

ちょうど良い文章量の中に伝えたい情報を。

Webサイトの場合、長すぎる文章はなかなか読まれず、かといって広告のようにキャッチコピーと数行の文章だけというのも読み手に不満足感を与えてしまいます。

Webサイトの場合、1ページあたり最適な文字数は800字から1000字程度です。この文字数の中に紹介したい情報をどのように構成し、文章を組み立てるかを考慮する必要があります。

「続きはWebで」という広告が主流になってきていますが、消費者の行動は、ファーストコンタクトは新聞や雑誌、テレビであっても、そのあとはWebでその商品などを確認するということが当たり前。そうなったとき、読み手に情報不足を感じさせず、さらに次のアクションに移ってもらいやすい文章をキゴウラボでは制作しています。

社内に蓄財しているコンテンツを発掘する。

これまでお客様には「何も特徴がなくて」といわれる方がいましたが、何も特徴がない企業はありません。例えば、一つの商品を生み出す過程にはいろいろな工程があり、その工程ひとつ一つに、何かしらの「ストーリー」があるはずです。当たり前とおもっていることでも、初めてのお客様には新鮮に思えたり、また既存のお客様にはあらためて興味を惹かれるものであるかもしれません。

取材することでさらにコンテンツを充実させることも

どうしてもうまく書けないというときは、取材するという方法もあります。しかし、社内の人同士ではなかなか聞けない、聞き出しにくいことも。その場合は外部の人間が、違った視点で話を聞くことで、新しい話題や魅力を引き出せることも。キゴウラボでは取材やインタビューから原稿作成、写真撮影まで一貫してお受けいたします。

原稿をリライトして最適化する

すでに原稿がある場合は、その文章をWebでも読みやすく、またお客さまの目をひくようなキャッチコピーをいれるなど、お客様のWebの目的にあわせて最適化いたします。

提供するソリューション

  • Webサイトの目的に合わせたコンテンツ企画提案
  • 各ページの構成
  • 原稿作成、収集
  • 原稿収集
  • 既存原稿の加筆・修正等を含めた原稿整理
  • インタビュー手配、写真撮影手配
  • 英語、中国語などの翻訳手配
最終更新日:2016年9月23日
topicpath_home