ブログ

Webディレクターは、PMとIAに因数分解すべきだ

笑うPMとスマホを持つIA

Webディレクターが担う仕事の全貌については、以前の記事、「ホームページを発注したら一番会う人、Webディレクターってどんな人」にまとめましたが、その中心となる仕事は、プロジェクトマネージャー(PM)と、インフォメーションアーキテクト(IA)の仕事といえるでしょう。Webディレクターの仕事をこの2つに因数分解して、この全く性質の異なる2つの仕事を1人の人が担当すべきなのか、それぞれの仕事を分析して考えてみたいと思います。

Webディレクターが行うPMの仕事とは

Webディレクターの仕事の中心となるのが、プロジェクトマネージメント(PM)だと思います。仕事をタスクにわけリソース配分と進行管理をするのが、PMの仕事ですが、主に以下のような仕事があると思います。

  • 仕事の洗い出し
  • 仕事をタスクに分解(WBS)、タスク同士の関係を調整
  • タスク毎に、かかる人日の算出と、担当者の割り当て
  • スケジュールの線表の作成(タスクの合算から算出)
  • プロジェクト進行中は、タスクの消化状況の確認
  • 遅れや仕様変更がある場合はリソースの追加またはリスケジュールの相談

 

営業担当がいない場合、タスク毎のリソース=かかる費用ですので、予算管理や見積もりの算出も、関連する仕事としてついて回る事が多いです。タスク毎に、遅れが出てないか確認をし、遅れが出ている場合には、スタッフを増やすか、スケジュールを見直すかといった判断を、お客様に提案する立場と言えるでしょう。プロジェクトがスケジュール通り、予定通り完了するかどうかは、Webディレクターの肩に掛かっているのです。

Webディレクターが行うIAの仕事とは

小規模な仕事の場合、お客様からのご要望を直接聞くのがWebディレクターだからということから、サイト設計、すなわちインフォメーションアーキテクトの仕事をWebディレクターが行う場合が多くあります。その仕事は以下のような仕事が中心になると思います。

  • サイトの企画
  • コンテンツの洗い出し
  • ハイレベルサイトマップの制作(サイト構成の概要)
  • コンテンツインベントリの制作(ページ一覧)
  • ワイヤーフレームの作成(画面設計)

 

サイトの企画やコンテンツの洗い出しはまだしも、ワイヤーフレームの制作をディレクターが行うと、コンテンツを無理矢理はめ込んだだけの、実際にはレイアウト不可能なものが作成される場合がままあります。ワイヤーフレームは、過去の記事「ワイヤーフレームは実寸で作るべし」にも書きましたが、画面要素の場所取り合戦ですので、その制作にはUX(ユーザーエクスペリエンス)の素養が必要です。

競合する2つの業務

PMの立場としては、タスクの実施を、できるだけ少ないリソース(人、時間)で行えれば理想です。しかし、IAの立場からすると、設計タスクのリソースをできるだけ厚くして、理想的なサイト設計を行いたいと考えるでしょう。これを1人でやろうとすると、ここで軽い精神分裂が起こる感じがします。どちらを優先すべきか分からなくなるのです。ここは異なる2人が切磋琢磨して議論してすすめたい所です。

IAの仕事は、デザイナー経験者が行うべき

IAの仕事は、デザイナーのキャリアパスとして、デザイナー出身の人が行うのが理想だと思います。そのほうが、ワイヤーフレームが、より画面設計としてクオリティの高いものになって、その後のデザイン作業にスムーズにつながると思います。

そのためにも、デザイナーからIAになった人は、コンテンツをデザインするために与えられる素材として考えるのではなく、みずからどのようなコンテンツが必要かを考え、サイト全体を俯瞰してサイトストラクチャーを制作し、UX(ユーザーエクスペリエンス)の観点から、どのように画面に配置すればよいかと考えて、ワイヤーフレームを作る必要があります。場面によっては、簡単なコピーライティングの素養も必要になるかもしれませんね。

WebディレクターはPMに徹する

一方、WebディレクターはPMとそこから算出される予算の管理に徹します。業務の性質上、お客様への窓口はディレクターが行うことになります。設計を担うIAや、ビジュアルデザインを行うデザイナー、その先のフロントエンドエンジニアやバックエンドエンジニアの開発リソースを管理して、滞りなくプロジェクトが進むように、各担当者と連絡を密にとります。お客様から追加の開発要求や、開発途中での仕様変更があった場合は、各部門に開発リソースの調整をとり、追加予算の提案を行い、スケジュールの線表を変更してゆきます。お客様や各部署の調整役に徹するわけです。

小規模案件や社内リソースがない場合兼任することも。

現実問題として、小規模案件の場合や、小さな会社の場合、PMとIAを因数分解するリソースがない場合も多いと思います。その場合は、1人2役でやっていくしかありません。PMはBacklogのようなチケット管理ツールをつかってプロジェクト管理の効率をあげ、IAのほうは、UXの勉強をし、Illustratorのようなツールの習熟を図ります。もちろんその前のコンテンツに関する編集力も必要です。なにぶんマルチタスクな仕事の仕方になるので、いま自分がどちらの立場で仕事をしているのかを常に意識しながら片方にリソースが偏らないようにしなければなりません。

PMも、IAも上流工程なので、プロジェクトの早い時期に、仕事が集中する傾向にあります(特にIA)1人でやる場合は、自らのスケジュール管理が重要です。どの順番で各タスクをこなしていくか、よく考えて仕事に当たる必要があります。タスクの洗い出し時点から、うまく工夫して順番にこなせるようにスケジュール設計をしていきましょう。

まとめ

リソースがあるなら、これまで述べたように、Webディレクターは、PMとIAに因数分解し、それぞれが、担当のタスクをこなすほうがよい結果を生むと思います。しかし、リソースがない場合は、フルスタックディレクターとして、両方の業務をこなすしかありません。その場合はプロジェクト全体のタスク管理だけでなく、自らのタスク管理が重要になってくるでしょう。

(担当:小山智久)

Web/CMS・編集/執筆・UI/UXに関する事なら、どんな事でもかまいません。お気軽にお問い合わせ下さい。

コメント

人気の記事

バックナンバー

最終更新日:2017年2月14日

hm_ttl_sitemap